サイドスリーブログ

やっちまった?第8回サイドスリーゴルフコンペ開催レポート!


                やっちまった?第8回サイドスリーゴルフコンペ開催レポート!

恒例の第8回サイドスリーゴルフコンペ開催しました!

サイドスリーという会社をスタートさせて、はや10年目。このコンペは会社設立3年目からスタートさせましたが、当時、30代でゴルフにぞっこんだった社長和田の趣味は、今やゴルフからほど遠いところにあり(アウトドア、自転車など)、ゴルフは年に1回、このコンペのみ・・みたいな、ゴルフ嫌いだけど仕方なく参加しているサラリーマンみたいになってきつつあり、毎年、社内からの参加者も減少傾向という、世間のゴルフ事情を反映したかのような状況もありましたが、今年も何とか開催できました。
そんな世間や社長の事情もありながら、今年も社内からは4名参加(和田、白石、金山、三河)・・の予定でしたが、予約の手違いで、社内からは3名のみ参加と人数制限が掛かってしまい、事前に選抜練習が開催されるなど、開催2週間前になってようやくゴルフ熱がヒートアップした社内メンバー。「時すでに遅し」感満載でコンペスタートです!

いざ、有馬ロイヤルゴルフクラブへ

今回の開催コースは「有馬ロイヤルゴルフクラブ」。関西でもなかなかの名門コースで、私たちのような凡人には、あまりプレーする機会がないゴルフコース。どんな「お・も・て・な・し」があるのか期待しながら出発。当日は、午後から雨の予報があったのですが、朝8時台に神戸市内で雨に降られて「こりゃ、コンペがヤバいね・・・」と、冷や汗もんで現地到着。ただ、入り口ではスタッフの皆さんの深い深~いお辞儀からはじまり、さすが名門と思える身のこなしで気分は晴れ晴れ。何とかなりそうな気になってきました。それにしても、この接客術はビジネスする上で非常に勉強になりますね。サイドスリーも負けてられません。
そういえば、最近、弊社も電話応対マニュアルが大幅にアップデートされ、「ソ」の音でゆっくりしゃべる・・という、なかなかハードルの高いルールが設けられていましたが、社員自ら改善していこうとしているので、良いことですね。ただ、みんな音痴で、だれも正確に「ソ」の音が発音できないし、それが「ソ」だと判断も出来ない様子。うーん。

受付してからの開会式

さて、しらいし&むーみんは時間通りにゴルフ場へ到着しましたので、8時30分より受付開始。ただ、通常コンペの受付はフロント横に設置されるケースが多いのですが、そこは名門ゴルフ場。メンバーさんの邪魔にならないよう、コンペルームでの受付です。ちょっとここは事前アナウンス出来ておらず、参加者の皆さまを迷わせてしまう事態に・・汗。
何とか受付を済ませたら、マスター室前での開会式。ここでは、弊社からのご挨拶や当日のルール説明はもちろん、参加者皆さんの自己紹介など、はじめてご参加いただくお客様にも、サイドスリーのゆるゆる感を体感していただきます。

和気藹々の中、ラウンドへ

今回のコースは前述でお伝えした通り「有馬ロイヤルゴルフクラブ」ですが、このゴルフ場には、その名の通りの「ロイヤルコース」と「ノーブルコース」の2コースあり、今回の利用は「ノーブルコース」。確か「ロイヤルコース」はキャディーさん必須で、相当ロイヤルなコースらしく、ぜひ次回チャレンジしてみたいと思いますが、今回はセルフで回れる「ノーブルコース」を利用。当初コースがトリッキーだ・・という事前情報もあり、かなりビビっていましたが、いざティーングランドに立つと、まったくそんなことを感じさせない、広々したコースで、天気は曇りでしたが、コースを言い訳にはできなくなってきました。

始球式は●●さんお願いします・・

ティーングランドでは、皆さん談笑しながら、ストレッチしながら自らのスタートを待つわけですが、いつもこのタイミングで、「はいっ、●●さん、始球式お願いします(キリッ!)」と、とある参加者に始球式を無茶ぶりします。普通なら事前にネゴっておくべきですが、参加者の皆さまともツーカーな関係ということもあり、大凡、この無茶ぶりを引き受けて頂いております。今後、弊社コンペに参加いただく場合には、この無茶ぶりリスクがあることをご理解ください。もちろん、今回の始球式に無茶ぶりされたM浦さんも、見事なティーショットでスタートを盛り上げて頂きました!

スコア表を睨みながらのラウンド

こんな雰囲気の流れで、各自スタートを切って行きます。後半には、大スコールに見舞われてしまい、正直、一部の参加者で、集中力が切れてしまった方もいらっしゃいましたが、各カートに設置されたディスプレイに刻々と表示される他組のスコアを見ながら、「あーだ、こーだ」言いながら、和気藹々な雰囲気のままラウンドは終了。大スコールに見舞われたものの、楽しくプレーできました。

結果はまさかの・・

途中、大雨に降られながらも、なんとか終了した第8回サイドスリーゴルフコンペ。結果はこれまた大波乱で、サイドスリーとしては「初」ではあるものの、お客様に楽しんで頂くコンペとして「やっちまった?」・・という結果に・・汗。
そうです、わたくし白石が、空気を読まず、ネットスコアではあるものの、優勝してしまいました。
お客様に楽しんでいただく・・という意味では目的を達成できていると思いますが、もてなす側としては、最悪の結果に。。。
まっ、これもゴルフ(ダブルペリア)の醍醐味でしょうか。

個人的な話しをすると、昨年、クラブを変えてから、比較的ショットが安定しているので、悪いスコアではないと思っていましたが、まさかの優勝でちょっとビックリ。2位の元先輩への忖度(そんたく)など全く皆無で、優勝賞品をゲットする始末。
うーん、最悪ですね。

懲りずに来年も開催します!(たぶん)

第8回サイドスリーゴルフコンペ、如何でしたでしょうか?
特にオチはないのですが、今回も参加者の皆さんと和気藹々ゴルフを楽しむことができて、これまでお世話になった皆さまとのつながりをより一層深めることができました。来年ももちろん開催したいと思いますので、ぜひ、ご参加のほど、よろしくお願いします。
そして、こういった、お客様とふれあう機会はできるだけ設けて、社員にも「お客様がいらっしゃるからこそ弊社がある・・」みたいな理念を浸透させていきたいと思っていますが、まだまだ若いメンバーにとって、ゴルフはハードルが高いので、何か別の機会を設けて、企画していきたいと思います。

@しらいし

その他の サイドスリーの日常 ブログ一覧