サイドスリーブログ

WordPressのLightboxプラグイン「Responsive Lightbox by dFactory」のご紹介


                WordPressのLightboxプラグイン「Responsive Lightbox by dFactory」のご紹介

WordPressのLightboxプラグイン「Responsive Lightbox by dFactory」のご紹介です。 「Lightboxのプラグイン」色んな種類があって、どれにしようか迷っているという方にお勧めです。

「prettyPhoto」「SwipeBox」「FancyBox」「Nivo Lightbox」「Image Lightbox」「TosRUs」といった、複数のLightbox がセットになったプラグインなので、管理画面から簡単に切り替えて利用することができます。

プラグインのインストールと有効化

プラグインのインストール画面から「新規追加」。
検索窓から「Responsive Lightbox by dFactory」で検索すると出てきます。 インストールしたら、有効化してください。

「Responsive Lightbox by dFactory」の設定方法

設定画面を開きます。
左サイドメニュー「設定 > レスポンシブLightbox」から、設定画面を開きます。

全般設定の「Lightboxスクリプト」からLightbox の種類を選択します。
選択によって、下記のようにLightboxの効果を簡単に切り替えることができます。

「Lightbox 設定」では、現在選択されているLightboxスクリプト(種類)の設定が行えます。

選択した種類によって、設定内容が変わりますが、「アニメーションの速度」「スライドショー」「自動再生」「画像サイズ」などの設定をすることができます。

「Responsive Lightbox by dFactory」の使い方

使い方は非常に簡単です。

記事に画像を挿入する時に、「添付ファイルの表示設定」の「リンク先」から「メディアファイル」を選択して、記事に画像を挿入すればOKです。

まとめ

今回、ご紹介したWordPressの「Responsive Lightbox by dFactory」プラグインは、いかがでしたでしょうか。
Lightbox の効果を管理画面から簡単に切り替えることができるので、Lightboxのプラグイン選びに迷っている方は、 ぜひ一度、お試しください。

その他の CMSテクニカル情報 ブログ一覧