サイドスリーブログ

アラフォー新人みぽりんが語るサイドスリーの魅力


                アラフォー新人みぽりんが語るサイドスリーの魅力

初ライティングのみぽりんです。

「みぽりん」という響きから漂うアイドル感とは縁遠い、アラフォーのママデザイナーです。アラフォーですが、サイドスリーに入社して1か月半のぴちぴちな新人で、しかもシングルなのでフルタイムで働くお母さんです。

サイドスリーでは「新人は自己紹介を兼ねたブログを書く」というミッションがあり、こうして初登場したわけなんです。

なので、技術ネタでもレポートでもなく、超個人的ブログを堂々と書ける唯一の機会です。遠慮なく、みぽりんは何者でこれまでどんな仕事をしてきたのか・・そんな自己紹介をしちゃいます。

そして、この記事でサイドスリーで一緒に働いてみたいな、ブログをちょいちょいチェックしようかな、そんな方が増えればいいなぁと願いをこめて、アラフォー新人から見た「サイドスリーの魅力」をお届けします。



めざせ究極の雑食!こだわりがないデザイナーがいてもいい。

40のイメージ

わたしことみぽりんは、ハタチの頃から主に印刷物のデザインをしてきました。

例えば、企業のパンフレットやチラシ、CDのブックレット、名刺やロゴ、キャラクターデザインなどなど。必要とあれば紙粘土でキャラクターの人形を作ったり。ついにはファッションショーのお洋服のデザインも手がけたりと、何でも挑戦で早20年。

そんな中、ふと周りを見わたせば専門性の高い仲間が多く、「わたし、こんな浅く広くやってて大丈夫なのか」と不安になったことは数知れず。。

デザインやイラストにしても、何か1つに絞ってもっともっと追求すべきなのでは・・?自分の特色はなんだろうと悩んだのです。

そんな中「こんな仕事したくない、好きじゃない」と嘆く仲間のデザイナーを見て不思議に感じました。ああ、わたし嫌な仕事ってないかも。そういうプライドないわぁ。

結局のところ、自分はアーティストではなく、どちらかといえば職人で、求めてくれる誰かがいるから、存在価値があるんですよね。自分の持っている知識や技術100%以上の力で返したい、喜んでほしい!驚かせたい!という思いが糧であり、つまり自分1人では特に作りたいものもなく、成立しないデザイナーだと気づいたのです。


そして、どんなにジャンル違いの知識や経験も、目的があればすべてがヒントやアイデアのかたまりで、何にでも活かせることも知りました。

「こだわりがなくてもいいじゃない!」と、どんな仕事も食わず嫌いせず、楽しみながら吸収するのをモットーに、これからも究極の雑食を目指していきます。



みぽりんの密かな自慢と、いつか書きたいオウンドメディアのノウハウ

デザイナーのイメージ

前職では、Webデザイン以外にもディレクションやマーケティング、オウンドメディア運用やSEOライティングをしていました。

「オウンドメディア」みなさん聞いたことありますか?

簡単に言えば、企業がブランディングや採用、問い合わせなど、目的を持って発信する大きなブログ(メディア)サイトのようなものです。

そのメディアサイトで狙っているキーワードで、Google検索した時に上位表示されるように、SEOを考慮して書いた1つ1つの記事で、狙った読者さんを集客できるサイトを作るのです。

以前に、AI(人工知能)の開発を行う会社のために「AI 意味」でGoogle検索された時に上位にくるように記事を書いたことがあります。

今さら聞けない…AIの意味とは?何の略?3分でわかるAIのキホン

↑これですが、狙い通りGoogle検索すると1位に表示されます。(2019.12調べ)

約74,500,000 件の検索結果の1位に表示されることは、密かな自慢です。


ライティングとデザインは結びつかないと思われるかもしれませんが、人をひきつける構成やコンテンツの仕組みは、デザインの考え方と全く同じでとても勉強になりました。そんなライティングのノウハウもまた書けたらいいなと思っています。



あなたも働きたくなる!サイドスリーの魅力ポイント5

突如現れたみぽりんのあれこれは、そろそろおなか一杯ですよね。メインテーマのわれらがサイドスリーの魅力をお伝えします!



◆point1 神戸感1000%!立地が最高すぎる

自席からの景色のイメージ

神戸の居留地というハイブランドが集まるおしゃれなゾーンにサイドスリーはあり、毎日ウェディングの撮影が街の片隅で行われていたり、通勤するだけでテンションがあがる素敵な立地が魅力です。


そしてなんと言っても、ガラス張り13階のオフィスからの眺めがサイコー!解放感がハンパないです。

山も空も海も、毎日同じ日はなく、光や色を変える様子を感じながら仕事ができるという・・・プライスレスな環境なんです。


でも、サイドスリーの魅力的な環境は、オフィスだけではありません。


◆point2 スキルアップが約束された環境!チャレンジしたい思いにストップをかけるものなし

ステップアップのイメージ

とにかくサイドスリーに入社して感じたのは、一人一人のスキルがめっちゃ高い!

メンバーみんながマルチに活躍していて、わたしのようにデザインしかできない人はいないんです。サーバーやコーディング、デザインからお客様とのやりとりも、みんながハイレベルな知識と経験で対応しています。


また、社長との月一の面談があり、時間をしっかりとってくれるので、自分がどんな方向に進んでいきたいか相談でき、それに沿った目標を立てながらステップアップしていくことができます。

毎月自分の目標を共有し、チャレンジし、達成していくことの積み重ねは、年輪のように自信になりますよね。


◆point3 会社の強みが明確で、ほかのWeb制作会社との差別化ができている!

CMSのイメージ

昨今、Webだけでは厳しいなんて言われている時代ですが、サイドスリーは明確な強みがあります。そう、CMSのスペシャリスト集団ということです。


きっとCMSはよく使っているという方でも「知らなかった!」と言われるくらい、多くの種類のCMSを取り扱っています。

つまり、ご予算だけでなく、システムやセキュリティなども含め、しっかりお客様の要望に合わせて最適なプランを提案できるのです。


◆point4 工数、売上、スケジュール、社内の全部が見える化ができている

売上の見える可のイメージ

工数やスケジュールなどとにかく社内の管理が完璧なんです!

過去記事にもあるセールスフォースきっちりと工数を管理しているので、案件に対してどれくらいの貢献ができているのか一目瞭然。

毎日メンバーみんなの仕事の詰まり具合もチェックし、助け合える工夫もしています。


こういうのってどこの会社もしたいと思いつつできなかったりするんですが、会社の目標がしっかり掲示されていて、そこに向かって一丸となって仕事に取り組む感じが、やりがいになるし、働きやすくもあります。


◆point5 メンバーの環境も十人十色。常に働きやすさを追求

サイドスリーのみんなのイメージ

そしてなんと言っても本当にありがたいのが、わたしのようなママも働きやすい環境だということです。

小さなお子さんがいる方はわかると思うのですが、子供ってすぐ病気をもらって帰ってくるんですよね。。。そんな時にも、お休みを取りやすい!

なんといっても社長や取締役もイクメンなので理解があります。

そして子供たちが待っているので早く帰らないといけない私のようなシングルママにはめっちゃうれしい「早めに来て早めに帰る」という仕組みもできました。

もちろん仕事が詰まっていれば残業も必要ですが、うまく調整して働かせてもらっています。


うーん、書き出したらきりがないですね~

とにかく、当たり前のようで意外と実現するのが難しいことも、できているのがサイドスリーです。こんな風に働きたい!という展望があればあるほど、ぴったりな会社だといえるのではないでしょうか。

入社してまだ2か月もたちませんが、社長のリーダーシップが、新しいことに取り組むまでのスピード感&実現の早さを叶えているんだなと、日々ひしひし感じています。

そんな、まだまだ魅力がつまったサイドスリーをこれからも紹介しながら、わたしも新しいことにどんどんチャレンジし、楽しくお仕事してまいります!

その他の サイドスリーの日常 ブログ一覧